卒業式での小学生の袴の着付け料金はどれくらい?相場を解説!

卒業式が近づくにつれて、袴のレンタルを考えられている方が多くいらっしゃるでしょう。
小学生の袴の着方について分からないため、着付けを依頼したいという方も多くいらっしゃるはずです。
そこで今回は着付け料金の相場と袴を着る費用を抑えるコツについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□着付け料金の相場はどれくらい?

ここでは着付け料金の相場についてご紹介します。
着付け料金の相場はどこで着付けをしてもらうかによって料金が異なります。

*美容院の場合

美容院で着付けを依頼する場合は、一般的には着付け以外にも髪の毛のセットを同時にしてもらう場合が多いです。
着物と袴の着付けの相場は10000円が一般的で、ヘアセットと着付けのセット料金になると15000円くらいになることが多いです。

*レンタル業者に依頼する場合

レンタル業者に依頼する場合には、レンタルと着付けをセットとして提供している場合が多く、セット内の着付け料金は10000円程度でしょう。
レンタル業者の場合、着付けだけでなく記念撮影なども行ってくれる場合もあるので、おすすめです。
当社でもフォトプランを設定しており、ご利用いただけますので、ぜひご確認ください。

□袴を着る費用を抑えるコツについてご紹介!

ここでは袴を着るのにかかる費用を抑えるコツについて4つ解説します。

1つ目は、袴のレンタルを利用することです。
小学校で使った袴は基本的にそれ以降に着ることはありません。
そのために袴を購入するのはもったいないですよね。

そこで袴のレンタルをおすすめします。
袴をレンタルすることによって、袴を購入しなくて済みます。

2つ目は、自分でヘアセットを行うことです。
卒業式当日だけ、メイクをしてヘアセットを行うよりも普段慣れている髪型にセットした方が可愛くできる場合があります。
ただし、当日になってヘアセットができなくても美容室もすぐには行ってくれないので、あらかじめ自身でヘアセットができるのかについて確認しておくと良いでしょう。

3つ目は、自分で着付けを行うことです。
これは知識がないと難しいですが、インターネットで着付けの仕方を調べながら行えます。
ただし、思ったよりも時間がかかってしまう場合やうまくいかない場合があるので、自信のない方は着付けを依頼しておく方が無難でしょう。

□まとめ

今回は着付け料金の相場と袴を着る際にかかる費用を抑えるコツについてご紹介しました。
今回の記事を参考にぜひMaiのレンタルサービスをご利用ください。
お待ちしております。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生の袴の着付けは専門の方に任せた方が良い?レンタル時のポイントと併せて解説!

近年、小学校の卒業式に袴スタイルで出席することが人気になってきています。
袴を当日着るためには、事前にレンタル予約などが必要です。
今回は、その際に確認するべきポイントや、当日プロに着付けを任せるメリットと親御さんが着付けをするメリットを紹介します。

□小学生の袴をレンタルする際のポイント

ポイント1つ目は、サイズ選びです。
小学生は成長期真っ盛りであることから、卒業シーズンに身長が急に変化することも考えられます。
袴は丈の調節をすることが難しいので、お子様の成長具合を踏まえる必要があります。

また、袴は履物に合わせて丈も変わってきます。
袴に草履を組み合わせる際には、丈は長めの方が美しく見えます。
袴にブーツを組み合わせる際には、丈は足首くらいまでの少し短めの方が美しく見えます。
履物やお子様の成長具合を見て、慎重にレンタル予約をすると良いでしょう。

お店によっては、予約後にサイズ変更が可能である場合もあります。
あらかじめ変更可能かどうかも確認しておくと安心ですね。

ポイント2つ目は、アフターサービスの確認です。
袴を着用した後、返す前にクリーニングする必要があるのか、袴を汚してしまった時の補償はあるか、などを確認しておくと良いでしょう。
万が一の時のためにアフターサービスや保証が充実しているところを選ぶと安心です。

□袴の着付けをプロに任せるメリットと親御さんがするメリット

袴の着付けをプロに任せるメリットは、着付けの出来が良くなることです。
美容院などでプロの方に頼むのは費用がかかる分、着崩れの心配などが少なく綺麗に仕上がります。
美容院で行う場合には予約などの事前準備が必要になるので注意しましょう。
Maiでは店内でヘアセット着付けなど承っております。

親御さんが着付けをするメリットは、お子様がリラックスして着付けしてもらえることです。
着物の着付けに比べて、袴の着付けは工程が少なくやりやすいでしょう。
もちろん着付けの手順などあらかじめ確認しておくべきことはありますが、事前にお子様と練習をするなどして当日に備え、一緒に着付けをすることで、親御さん、お子様共に晴れの日の思い出にできるでしょう。

□まとめ

今回は、小学校の卒業式で袴をレンタルする際のポイントや、袴の着付けをプロに任せるメリット、親御さんが着付けするメリットを紹介しました。
一度きりの小学校の卒業式に、当日袴を着るまでの準備は入念に行えると良いものです。
袴選びや着付けでお困りの方は、お気軽にMaiまでお問い合わせください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
キャプションを入力…
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生に袴の選び方について!体格を考慮して選びましょう!

近年、小学生の卒業式に袴スタイルを選ぶ方が増えてきています。
小学生だからこそ、袴を選ぶ際に注意すべき点などもあります。
今回は、袴選びの注意すべき点とポイントを紹介します。

□育ち盛りの小学生の袴選びには注意が必要

小学生は成長期でこれから身長も伸びるので、袴はレンタルのケースがほとんどです。
着物は身長に合わせて裾上げで長さを調整することが可能ですが、袴は着物と比べて丈を調節するのが難しくなっています。
卒業時期に急に身長が伸びることは小学生だとよくあることです。
そのため、あまり早い時期に決めて予約してしまうと、卒業式までに丈が短くなってしまう可能性があります。

また、袴に合わせる履物によって、草履の場合には裾を長めに、ブーツの場合には裾を短めにすることが、美しく見えるポイントです。
合わせる履物とお子様の成長ぶりを踏まえて袴の予約をするようにしましょう。
併せて、予約後のサイズの変更が可能かどうかも確かめておくと安心です。

□袴の選び方のポイント

袴選びのポイント1つ目は、同系色でまとめることです。
赤と紫、薄紫と紫、水色と紺などの同系色でまとめることで、すっきりと落ち着いた印象になります。
薄い色の着物と濃い色の袴を合わせることによって、スタイルを良く見せることも可能です。

ポイント2つ目は、補色の対比でまとめることです。
補色とは12色のカラーパレットの反対側の色で、互いの色を引き立て合う効果があります。
黄色と紫、オレンジと青緑、緑と赤紫などの組み合わせにすることで、メリハリのある印象になります。

ポイント3つ目は、色のトーンを合わせることです。
濃さと明るさが似た色を組み合わせることを、トーンを合わせると言います。

トーンが同じ色の中から選ぶと、色が別々でも違和感がありません。
トーンにはそれぞれイメージがあり、淡いトーンだと可愛らしさや若々しさを示し、ダークトーンだと大人っぽさを示します。
着物と袴を組み合わせる時には、トーンを合わせることでイメージを表現するのも良いでしょう。

ポイント4つ目は、柄の組み合わせです。
日本で古くから使われている桜などの伝統的な柄は、どの袴と組み合わせても清楚にまとまります。
一方で、西洋花やハートなど現代的な柄だと華やかで個性的にまとまります。

□まとめ

今回は、育ち盛りの小学生の袴選びの注意点とポイントを紹介しました。
袴を選ぶ上では多く悩む点があるでしょう。
Maiでは着物と袴のセットのレンタルプランも用意しておりますので、ぜひお気軽にMaiまでご相談ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
キャプションを入力…
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生の袴レンタルを検討中の方へ!袴を着る際の準備について解説します!

近年、小学校の卒業式で袴を着る機会が多くなっています。
普段着ることのないものであるからこそ、袴を着ることになった際には確認しておかなければならない点がいくつかあります。
本記事では、袴を着る際に確認しておきたいことと、袴を着るための準備過程について紹介します。

□小学校の卒業式で袴を着る場合に確認しておきたいこと

確認するべきこと1つ目は、小学校側が袴の着用を許可しているかどうかです。
袴は大正時代から明治時代にかけて、女学生の制服として、動きやすさに加えて品格もあるとのことで幅広く採用されてきました。
しかし学校によっては、厳粛な式で着用するのには見た目が派手すぎる、転倒や体調不良の危険性がある、といった理由から、卒業式での着用を禁止されている場合があります。
袴を着ることが許されているかは、どうかあらかじめ学校へ確認しておきましょう。

確認するべきこと2つ目は、着付けを誰がどこでするのかです。
卒業式で着用する袴は、購入せずにレンタルするケースが多くあります。
数日間袴一式をレンタルする場合は、着付け代は込みでないことがほとんどです。

袴の着付けは普通の着付けに比べて工程が少なく、親御さんが行うこともできますが、レンタルした着物を持ち込んでプロの方にお願いする方が安心でしょう。
その場合、式が何時から始まるのかを踏まえて予約が必要となります。

□卒業式の準備時期と袴のレンタル方法

卒業袴のレンタル予約は、早いところで1年前の春、遅いところでも7月頃から受付が開始されます。
一般的なWebサイトや店頭での予約のピークは12月〜1月です。
12月頃にはレンタル予約の受付を終了するところもありますので、年内には予約しておくと安心です。

袴のレンタル方法1つ目は実店舗です。
実際に店舗で袴を見て選ぶことで、素材感や微妙な色味の違い、サイズ感などをしっかり把握できるので、理想からずれることなく卒業式コーディネートができます。

袴のレンタル方法2つ目はWeb上やカタログです。
24時間いつでもどこからでも袴を選べます。
また、実店舗よりも選択肢の幅が広がるので、細かい柄までこだわりたい場合はこちらの方法で選ぶ方が理想のものに近い袴を選べるでしょう。

□まとめ

今回は卒業式で袴を着る際に確認するべきことと、袴を着るための準備過程について紹介しました。
Maiでは可愛い人気柄の袴を多数取り揃えています。
小学生の袴のレンタルでお悩みの方は気軽にお問合せください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生の袴姿には草履とブーツどちらが適している?それぞれのメリットについて解説します!

小学校の卒業式の服装として、最近袴が人気になってきています。
袴を着る際に組み合わせる履物は、草履にするべきかブーツにするべきか、悩ましいところです。
卒業式で小学生が草履とブーツそれぞれを履くメリットと、履き物選びの重要性について紹介します。

□袴を着る際の草履とブーツそれぞれを履くメリット

草履を履く1つ目のメリットは、コーディネートがしやすいことです。
ブーツに比べて落ち着いていて上品な印象を与えます。
草履の方が古典的であることからどの袴にも違和感なく合わせられるので、自分好みの袴を選べます。
袴の色に合わせて草履を選んでコーディネートすることが可能です。

草履を履く2つ目のメリットは、脱ぎ履きがしやすいことです。
草履はサンダルと同じ感覚で脱ぎ履きができるので、トイレや着替える時などで脱ぐ必要がある時も安心です。
また、小学校の卒業式では式典会場に入る前に履き物を変える必要があることが多くなっています。
そういった時に脱ぎやすい草履であると便利です。

ブーツを履く1つ目のメリットは、スタイルをよく見せられることです。
ヒールのあるブーツを履くことによって、脚を長く見せることが可能であり、スタイリッシュに袴を着こなせます。

ブーツを履く2つ目のメリットは、歩きやすいことです。
草履に比べて普段から履き慣れていることもあり、草履に比べて歩きやすいでしょう。
また、ブーツと組み合わせる際には足首あたりを目安に、草履の場合よりも短めに着付けるので、裾をひきづることがないという点でも歩きやすいと言えるでしょう。

□袴スタイルは履物とのバランスが大事

袴スタイルにおいて美しさの決め手となる要素の1つに、丈があります。
草履を履くかブーツを履くかによって、美しく見える袴丈の長さが変わってきます。
草履を履く場合には、くるぶしが見えない程度までやや長めの丈で着付けます。

ブーツを履く場合には、足首あたりを目処に、やや短めに着付けるのが美しく見えます。
それぞれ見た目にも実用性にも特徴があります。
ほんの少しであれば、着付けの際に裾の上げ下げはできますが、基本的には袴の裾の調節はできないので、袴を選ぶ時点でブーツか草履か決めておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は、小学校の卒業式で草履とブーツそれぞれを履くメリットと、履物選びの重要性についてご紹介しました。
Maiでは袴に加え、履き物を含めた小物のレンタルもしています。
当日の着付けも承っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

小学生の袴姿に合う髪飾りとは?選ぶ際のポイントについても紹介します!

小学生の女の子のお子さんの卒業が近くなると卒業袴についていろいろ考えることになると思います。
考えることの1つに髪飾り選びがあります。
今回は、小学生の袴に合う髪飾りを選ぶポイントと、髪飾りをどのように用意すれば良いかご説明します。
ぜひ参考にしてみてください。

□小学生の袴に合う髪飾りとは?

髪飾りは使わなくても問題ありませんが、華美ではなくても袴に似合う髪飾りを探す方は多いです。
「小学校の卒業式に相応しく」という観点から髪飾りを選ぶとなると、造花(プリザーブドフラワー)の髪飾りと、布生地で作られた髪飾りの2点から選ぶのがおすすめです。
それぞれご説明します。

造花は、発色が良く、ディティールも立体的で可愛くらしいため、華やかで豪華なイメージを演出できます。
高品質で高価なお花であれば、式典に相応しい上品さと可憐な雰囲気が醸し出されることでしょう。
1つ注意点として、100円ショップで売られているような造花やドライフラワーはあまりおすすめできません。
100円ショップなどの造花は、着物と袴に合わせるとチープで軽い雰囲気を作ってしまいますし、乾燥させて枯れさせているドライフラワーも式典にはあまりふさわしくありません。

あまり華美ではなくても袴にも似合うということを重視する場合には、着物と同じように布地を使った髪飾りがおすすめです。
共通の素材を使用することで、違和感なく和装スタイルに合わせられるため上品にみえます。
リボンなどは非常に使い勝手が良くおすすめです。

□小学生袴に合う髪飾りはどのように用意する?

小学校の卒業袴のレンタルセットの多くは髪飾りがセットになっていません。
オプションとなることが多いです。

そのため、オプションとして袴のレンタル時に一緒にお借りする方法だけでなく、七五三など以前使用した髪飾りや自宅にある髪飾りを使う方法もあります。
髪飾りを取り扱っているお店を見て回ってみるのも良いですね。
メルカリやラクマといったフリマサイトで良いものがあればお得に購入できます。
また、つまみ細工や縮緬細工の髪飾りは案外簡単に作れますので、ご興味のある方は一度作ってみるのも1つの手ですね。

□まとめ

本記事では、小学生の袴に合う髪飾りを選ぶポイントをご紹介しました。
Maiは小学校の卒業式袴のレンタルを承っております。
卒業式当日の着付けやヘアセットも受付しておりますので、当日の準備が不安な方やプロにお任せしたい場合はぜひご相談ください。
何かご不明点等あればお気軽にお問い合わせください。

卒業を迎える小学生に!袴における人気色と選ぶポイントについて解説します!

「卒業袴にはどのようなデザインがあるのかな」
「卒業袴で流行の色や柄が知りたい」
小学校の卒業袴についてレンタルをお考えの方で、このようにお考えの方は多いでしょう。
今回は、袴で人気の高い色や柄と、袴の配色コーディネートをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□袴で人気の高い色や柄をご紹介!

例年よく選ばれる色には、定番カラーの赤色のほか、かわらしさをいっそう際立たせるピンク色や水色といった淡い色があります。
さらに、近年は以前まで少数派だった黒系が注目を集めています。
黒地は刺繍や柄がより際立ち、シックで上品に着こなせます。

また、柄のタイプとしては、生地に金糸や銀糸で模様を織り込んだり、刺繍を施したりした特別感のあるキラキラ系が人気あります。
その他では、大正時代の女学生を思わせるレトロ柄も根強い人気があります。

□袴の配色コーディネートをご紹介!

袴のコーディネートでとても大切なのが、全体のバランスを考慮しながら袴の配色を考えることです。
袴と着物のトーン差が大きいと、全体がしっかり引き締まり、袴と着物のトーン差が近いと、まとまりのある印象に見せられます。

華やかさを演出したい場合は、赤系の袴がおすすめです。
赤系の袴は、ピンク色や白色の着物に合わせやすいです。
ダークトーンのエンジ色の袴を選べば華やかな印象を損なわずに引き締められます。

かわいらしさを演出したい場合は、紫系の袴がおすすめです。
紫系の袴は、水色やピンク色の着物に合わせやすく人気です。
特にピンク色と合わせるとかわいらしくまとまります。
赤系と同様、華やかな印象を残しながらも、落ち着いた印象も演出できておすすめです。

落ち着きを演出したい場合は、青系の袴がおすすめです。
青系の袴は、トーンによって印象が大きく変わります。
青や水色などペールトーンの袴は、個性的で可愛らしい印象になります。
一方で、ダークトーンの紺色の袴は、着物の色を引き立てフォーマルな場にもよく馴染みます。

元気を演出したい場合は、緑系の袴がおすすめです。
緑系の袴は、ダークトーンでも落ち着きすぎず、着物の色をあまり選ばないためとても人気があります。
また、黄色やオレンジ色の着物とのコーデも、カジュアルで元気な印象にまとまりおすすめですよ。

□まとめ

本記事では、袴で人気の高い色や柄と、袴の配色コーディネートをご紹介しました。
Maiは小学校の卒業式袴のレンタルを承っております。
卒業式当日の着付けやヘアセットも受付しておりますので、当日の準備が不安な方やプロにお任せしたい場合はぜひご相談ください。
ご不明点等あればお問い合わせください。

小学生の卒業式に袴を着たい場合!準備を始めるタイミングと必要なものとは?

小学生のお子さんが卒業する際に卒業袴を着せたいとお考えの親御さんは多いでしょう。
お子さんに袴を着てもらう場合、成長期を考慮して購入よりレンタルを選択する人が一般的に多いです。
今回は、袴等をレンタルしたり準備したりするタイミングについて詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□小学校の卒業袴を準備するタイミングについて

袴を卒業式に着用する場合、いつから何を準備すれば良いのでしょうか。
お店によって正確なタイミングは異なりますが、レンタル受け付けのおおまか予約時期は、卒業式の約1年前の春・夏頃です。
しかし、大学生の就職内定時期がここ数年早まっていることもあり、内定の出た女子学生が早めに卒業式の袴の準備に取り掛かる傾向にあります。
そのため、袴レンタルのピーク時期も早まってきています。

成長期の小学生の場合は、袴の選ぶ時期の見定めが難しいですが、予約がギリギリになってしまうと、気に入った袴が予約いっぱいになてしまう可能性もあります。
着たかった袴が着られずガッカリしてしまわないよう、できるだけ早めに予約を完了させておくことをおすすめします。

当日の準備に関しては、美容院などで支度をしてもらうか、自宅でお母様やお祖母様などが支度をしてあげるか、衣装をレンタルしたお店で着付けをお願いするかが一般的になります。
登校時間に間に合うよう、余裕をもって時間配分を意識しましょう。
美容室で支度をしてもらう場合は、早い時期から予約をしておく良いです。

□着付けに必要なアイテムをご紹介!

ここまで、小学校の卒業袴を準備するタイミングについてご紹介しました。
続いて、着付けに必要なアイテムをご紹介します。
こちらでご紹介しますのは、レンタルの内容によって異なる場合がありますので、事前に必ず確認しておいてください。
着付けに必要なアイテムには下記のものがあります。

・袴
・着物
・半巾帯
・肌襦袢
・長襦袢
・衿芯
・草履またはブーツ
・足袋(草履の場合に必要です)
・補正用のタオル2~3枚
・腰紐3~5本(丈の調節が必要な場合は腰紐で調整します。余分にご用意されると安心です)
・伊達締め2本
・帯板・コーリンベルト

□まとめ

本記事では、卒業袴を準備するタイミングや着付けに必要なアイテムをご紹介しました。
Maiは小学校の卒業式袴のレンタルを承っております。
卒業式当日の着付けやヘアセットも受付しておりますので、当日の準備が不安な方やプロにお任せしたい場合はぜひご相談ください。
何かご不明点等あればお気軽にお問い合わせください。

小学生袴に最適な髪型とは?人気のヘアスタイルを解説します!

小学校高学年のお子さんがいらっしゃるご家庭で、「小学校の卒業式で袴を着せたい」とお考えの親御さんは少なくないでしょう。
袴を着せる際に必要な準備の1つに、当日のヘアスタイルをどうするか考えることが挙げられます。
今回は、人気のヘアスタイルとヘアアレンジの方法をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□人気のヘアスタイルをご紹介!

ここでは、人気のヘアスタイルであるハーフアップ・ポニーテール・リボンヘアをご紹介します。

ハーフアップは、袴に合う髪型として大学生・社会人女性の方から特に高い人気を得ています。
同様に、小学生のお子さんからも高い人気があり、卒業式の袴姿にもよく合います。
長い髪を活かして清楚な和風女子に仕上がります、

ポニーテールは少しマニアックですが、結ぶ位置をトップより高くすることで、よりかわいらしくなります。
髪の長さが足りない場合、ちょんまげのようになってしまうことが注意点として挙げられます。
ちょんまげのようになると後ろの子が隠れてしまう可能性があるので、注意が必要です。

髪で作るヘアリボンの髪型はかわいらしく仕上げられるため、小学生女の子にピッタリです。
また、派手な髪型や髪飾りが禁止されている場合でも、髪だけでかわいらしくヘアスタイルを作れるでしょう。

□ヘアアレンジの方法をご紹介!

ここからは、卒業式当日のヘアアレンジの方法を3つご紹介します。

*親御様がヘアアレンジを行う

・美容室に出向く手間が省ける
・全体の費用を抑えられる
小学生の卒業式用の袴はそれ自体が華やかなので、特に希望するヘアスタイルがないようでしたら、ハーフアップやポニーテールでも十分素敵に仕上がります。

*美容室でヘアアレンジをしてもらう

美容室でヘアアレンジをしてもらうメリットとして下記が挙げられます。
・より本格的な仕上がりが可能である
・希望する髪型の画像を見せればその髪型が実現できる
一方で、着付けやヘアアレンジは卒業式当日に行うことから、当日の早朝に美容室に出向く手間がかかることがデメリットになりやすいです。

メリット・デメリットを加味すると、ヘアアレンジが苦手な方や、自分ではなかなかチャレンジできない複雑な髪型をご希望の方、当日朝方に時間が確保できる方におすすめです。
卒業式シーズンは予約が混み合いやすいため、早めに申し込みしておくことをおすすめします。

*振袖レンタルの店舗でヘアアレンジをしてもらう

3つ目の方法として、振袖レンタルをした店舗でヘアアレンジをしてもらうことが挙げられます。
Maiでも卒業式当日の着付けやヘアセットを受け付けております。
理想のヘアアレンジを叶えますので、ご検討の際はぜひお気軽にお問合せください。

□まとめ

本記事では、人気のヘアスタイルとヘアアレンジの方法をご紹介しました。
Maiは小学校の卒業式袴のレンタルを承っております。
卒業式当日の着付けやヘアセットも受付しておりますので、当日の準備が不安な方やプロにお任せしたい場合はぜひご相談ください。
何かご不明点等あればお気軽にお問い合わせください。