小学生が袴を着た際によくあるトラブルをご紹介します!

「小学生が袴を着た際によくあるトラブルとしてはどのようなものがあるのかを知りたい」
このようにお考えの方は多いですよね。
そこで今回は、小学生が袴を着る際によくあるトラブルについて解説します。
どのように袴の準備をすれば良いのかについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

□小学生が袴を着た際によくあるトラブルをご紹介します!

まずは、小学生が袴を着た際にどのようなトラブルが発生しやすいのかについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

最もよくあるトラブルは、汚れに関するものです。
以下のような部位は特に汚れやすいため注意しましょう。

・胸元
・袖の袂
・袖口
・袴の裾
順に解説していきます。

1つ目は、胸元です。
食べたり、飲んだりした際に汚れやすいので、食事の際は特に気をつけましょう。

2つ目は、袖の袂です。
座ったり、しゃがんだりした際に地面に触れて汚れやすいので、工夫しましょう。

3つ目は、袖口です。
ものを手で取る際に汚れてしまいやすいので、反対の手を使って手首のあたりで押さえましょう。

4つ目は、袴の裾です。
階段をはじめとする段差で地面に触れて汚れてしまいやすいので、移動の際は気をつけてくださいね。

感染予防だけでなく、汚れ防止のためにも常に手をきれいにしておくようにしましょう。
なお、防水スプレーは基本的に使用禁止なので、注意が必要です。

また、汚れがついてしまった場合は決してこすらず乾燥したきれいな布をあて、水でぬらしてかたく絞ったタオルなどで汚れを優しく吸い取るようにしましょう。
その後は、早急にプロに相談してください。

□袴の準備についてご紹介します!

ここからは、どのように袴の準備をすれば良いのかについてご紹介します。
袴を着ようとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

小学生の卒業式の場合、袴は購入せずにレンタルで済ませる方が非常に多いです。
振袖や着物と違って卒業式だけしか着ないため、レンタルで十分だと考えて購入しない方が多いようです。
レンタル費用は20000円くらいのものから100000円を超えるものまで幅広くあります。

□まとめ

この記事では、小学生が袴を着た際にどのようなトラブルがよくあるのかについて詳しく解説しました。
汚れてしまわないように、気を付けてくださいね。
このテーマについて気になっていた方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、小学生の卒業袴レンタルをご検討中の方は、ぜひMaiまでお問い合わせください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生の袴をおしゃれにコーディネートするポイントをご紹介!

「小学生の袴をおしゃれにコーディネートするためのポイントを知りたい」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、そのような場合にどのようなポイントに気をつければ良いのかについて解説します。
女の子が袴を着る際の注意点についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

□小学生の袴をおしゃれにコーディネートするためのポイントをご紹介します!

まずは、どのようなポイントに気をつければ小学生の袴をおしゃれにコーディネートできるのかについてご紹介します。
以下のようなものがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

・基本的には同系色か反対色で合わせる
・色のトーンを意識する
・迷った場合は着物の柄の一色と袴の色を合わせる
これらを順に解説します。

1つ目は、基本的には同系色か反対色で合わせることです。
同系色だとすっきりとした上品な印象を与えられ、反対色だとメリハリのある活発な印象を与えられます。

2つ目は、色のトーンを意識することです。
よりイメージに近いコーディネートが可能です。

3つ目は、迷った場合は着物の柄の一色と袴の色を合わせることです。
統一感を持たせられます。

□女の子が袴を着る際の注意点をご紹介します!

最後に、女の子が袴を着る際にどのようなことに気をつければ良いのかについてご紹介します。
以下のようなものがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

・着付けを誰がするかを決めておく
・ヘアーアレンジを誰がするかを決めておく
・防寒対策は万全かを確認しておく
・感染防止対策は万全かを確認しておく
・足元をどのようにするかを決めておく
これらを順に解説していきます。

1つ目は、着付けを誰がするかを決めておくことです。
プロにお願いしておくと安心でしょう。

2つ目は、ヘアアレンジを誰がするかを決めておくことです。
こちらもプロにお願いしておくことをおすすめします。

3つ目は、防寒対策は万全かを確認しておくことです。
冷えやすいので気をつけましょう。

4つ目は、感染防止対策は万全かを確認しておくことです。
マスク着用や咳エチケットが大切です。

5つ目は、足元をどのようにするかを決めておくことです。
草履にするかブーツにするかを決めておきましょう。

□まとめ

この記事では、小学生の袴をおしゃれにコーディネートする方法について詳しく解説しました。
ご紹介した注意点にもお気をつけください。
このテーマについて気になっていた方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、小学生の卒業袴レンタルをご検討中の方は、ぜひMaiまでお問い合わせください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生の袴を自分で着付けられるのか?必要なものや着崩れを防ぐ方法をご紹介!

小学生のお子様をお持ちの方で、「自分で着付けできるのか」と疑問をお持ちの方は多いでしょう。
結論から申し上げますと、ご自身だけの着付けも可能です。
この記事では袴を着用する際に必要になるアイテムと、着崩れをなくすポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

□袴を着用する際に必要になるアイテムとは?

*下着類

まずは、長襦袢(ながじゅばん)が必要です。
これは着物と同じ丈の、着物の下に着る長い衣服です。
女性用には、派手な色調や柄のものが用意されています。
袴を着る際には、これが必要不可欠です。

また、防寒インナーも場合によっては必要です。
卒業式の時期はまだ肌寒いですよね。
卒業式会場は底冷えしやすいので、防寒インナーを用意しておくと安心です。

*着付けに必要な小物

まずは、腰紐が必要です。
これは着物の着付けをする際に腰を締めるのに使う小物です。
着崩れを防止するための必須アイテムなので、忘れないようにしましょう。

そして伊達締めも重要です。
これは着物や長襦袢の襟合わせを押さえるための紐です。

□自分で着付けした場合の着崩れをなくすポイントをご紹介!

着崩れをなくすためには、「腰回りの補正をすること」「帯をしっかり締めること」「着付けの練習をすること」の3つのポイントを押さえるようにしましょう。

まずは、腰回りの補正をすることです。
ウエストが細く帯がずれ落ちてしまう方、着物に慣れていないため長時間の和装が苦しいと感じる方は補正が必要です。
その際にはタオル2枚を使用すると良いです。
これをすると、ずれ落ちを防止できたり、紐を締める際のクッションがわりになったりします。

次は、帯をしっかり締めることです。
袴の前紐を帯に引っ掛けて着付けをするため、帯がずれてしまうと袴もずれてしまいます。

そのため、帯はしっかりときつめに締めることが大切です。
苦しく感じてしまうのではないかと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、補正用のタオルを間に挟んでいればそこまで苦しく感じないはずです。

最後は、着付けの練習をすることです。
着付けに慣れていないと、どうしても着崩れを起こす可能性が高くなります。
何度か練習して本番のために慣れておきましょう。

□まとめ

袴を着る際に必要なアイテムと、着崩れをなくすためのポイントをご紹介しました。
最高の思い出の日にするためには、当日に着崩れを起こさないことが大切です。
今回の記事を参考に、ぜひ思い出の残る日にしてくださいね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生の袴の前撮りに必要な準備とは?必要な費用や期間を解説します!

「前撮りにするべきか、当日撮影にするべきか決められない」
「前撮りにはどのようなアイテムが必要なのか分からない」
小学生のお子様をお持ちで、このようにお悩みの方は多いと思います。
この記事では、前撮り写真のメリットや前撮りに向いている方の特徴、必要なアイテムや期間をご紹介します。

□前撮り写真のメリットや前撮りに向いている方の特徴とは?

前撮りするメリットとは何なのでしょうか。
代表的なのは、満足のいく写真を撮れる可能性が高いことです。
前撮りの日は当然ですが、写真撮影の予定しかありませんよね。
そのため、時間や気分に余裕を持って撮影に臨めるのです。

しかし、どのような基準で前撮りにするのか、もしくは当日撮影にするのかを決めるべきなのか、悩んでしまうでしょう。
前撮りに向いている方の特徴は何でしょうか。
それは「卒業式当日はハードスケジュールで撮影の時間的余裕がない」という方です。
そのような方は余裕を持って撮影ができる前撮りが最適でしょう。

また、卒業式に袴の着付けをして、当日そのまま撮影したい方は当日撮影を選択すると良いでしょう。
時間の都合に合わせて、どちらにするのかを選んでみてはいかがでしょうか。

□準備に必要な期間とアイテムをご紹介!

準備を始める最適な時期は卒業式のおおよそ1年前である、春・夏ごろです。
なぜなら、就職活動が終わった女子大学生が早めの卒業袴の準備を始める時期であるからです。
確かに成長期のお子様の袴の選び方は難しいですが、予約がギリギリになってしまうと気になっていた袴の予約がいっぱいになっていることが十分に考えられます。

着たかった袴が着れなくて、気分を落としてしまわないように、早い段階から準備を始めるようにしましょう。
撮影当日の準備では、美容院で支度をしてもらうか、自宅で支度をしてあげるか、衣装をレンタルした店舗で着付けをお願いするかの3つの方法があります。
時間に間に合うよう、余裕を持って時間配分してくださいね。

続いて、前撮りに必要なアイテムをご紹介します。
着付けに必要なアイテムは以下の通りです。
レンタルの内容でも必要なアイテムは変わってきますので、事前に確認しておいてくださいね。

・袴
・着物
・半巾帯
・足袋や草履、ブーツ
・タオル

□まとめ

小学生のお子様をお持ちの方に向けて、前撮りと当日撮影のそれぞれに向いている方の特徴をご紹介しました。
準備を始めるのも早くなければなりませんし、準備するべきアイテムも多いので、先を見通して予定を立てるようにしてくださいね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生のお子様をお持ちの方へ!袴に似合う女の子の前髪についてご紹介します!

小学生のお子様をお持ちの方で、どのような髪型にするかお悩みの方は多いでしょう。
ヘアスタイルにはたくさんの種類があるため、どの髪型にするのか決めかねてしまいますよね。
そこでこの記事では、小学生女子におすすめのヘアアレンジをご紹介します。
前髪なしの場合についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

□小学生女子におすすめの髪型アレンジをご紹介!

小学生女子におすすめの髪型アレンジには何があるのでしょうか。

1つ目は、編み込みのハーフアップです。
卒業式袴の髪型に、長髪を活かして編んで束ねると良いでしょう。
加えて、アイロンでウェーブを出すと大人びた印象にできます。
サイドを飾る花飾りは小さめの花びらを選ぶと、派手すぎない印象に落ち着きます。

意識するべきなのは、頭の重心をどこに持ってくるのかということです。
1番目を引くポイントの髪飾りと、ワンポイントの小さな頭飾りの配置を慎重に検討するようにしてくださいね。

2つ目は、ロングヘアのハーフアップです。
小さめの髪飾りや色がついたヘアゴムを有効活用すると、バランスの良い仕上がりになります。

前から見た時のヘアスタイルはいつもと同じ、もしくはお気に入りの前髪にしても問題ありません。
卒業式では、お辞儀や花道くぐりなど、様々な動作をしますから、顔を下げた時に見える顔も意識してヘアアレンジできると良いです。

3つ目は、ロングヘアを束ねたヘアアレンジです。
もしお子様の身長が高くないのであれば、トップの位置を高めにして、縦のラインを意識するのはいかがでしょうか。
スタイルをよく見せられるのでおすすめです。

□女の子に似合う前髪なしの髪型アレンジをご紹介!

*オールバック

髪をリーゼント風にするアレンジは、ダウンスタイルの女の子におすすめです。
ミディアムの方やロングの方が取り入れるのであれば、ストレートでシンプルなヘアスタイルが良いでしょう。
オールバックは大人っぽく、シックな印象に仕上げられる点が魅力的です。

*無造作なセンターパート

前髪を流してペタンとさせたくないのであれば、パーマを当てて無造作なセンターパートを作るのがおすすめです。
トップにはふんわりとした印象を持たせ、サイドに少し後毛を残しておけば、抜け感をプラスできます。

□まとめ

小学生女子の方のおすすめのヘアスタイル、前髪なしの場合におすすめのヘアスタイルをご紹介しました。
参考になる髪型はあったでしょうか。
今回の記事を参考にして、卒業式を最高の思い出にしてくださいね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生で袴を着る予定の方必見!サイズの決め方や丈が短い場合の対処法をご紹介!

「袴のサイズが短い」
「最適な袴のサイズがわからない」
小学生のお子様をお持ちで、袴の丈に関して悩んでいる方は多いでしょう。
この記事では、丈の測定方法と丈が短い時の対処法をご紹介します。

□自分にあったサイズを測るには?

ここでは袴のサイズの測り方をご紹介します。
お気に入りのデザインの袴を選んでもらったら、次はお子様の袴サイズを測定します。
袴サイズは「袴紐下丈(はかまひもしたたけ)」を測定すると分かります。
これはその名の通り、袴紐より下の丈のことで、アンダーバストから5センチメートル下のラインからくるぶしの位置までです。

アンダーバストから5センチメートル下の位置から真下に垂直に測りますので、測定する際は前屈みにならないようにしましょう。
また、草履やブーツを選ぶ場合は、足首のくるぶしの高さまで測ります。
靴を履いた時に、袴の裾から素足を見せないようにするためです。

しかし、どれくらいが目安なのかわからない方も多いはずです。
ブーツスタイルの場合は、草履の場合の丈から約5センチメートル短くした長さが理想的だと言われています。

□丈が短い時はどうすれば良い?

購入やレンタルした袴の丈が短い時はどうすれば良いのでしょうか。
おすすめなのは「ブーツや草履で調節する」「着付けで調節する」「縫い上げる」の3つです。

もし着用した袴の丈が短ければ、ブーツや草履を選ぶと良いでしょう。
その上で、着付けでは帯を少し下げ気味で着付けます。
具体的には、帯を締める前に袴を当てて長さを調節して、袴の上線からどの程度帯を出すのかを決めていきます。
帯を下げることによって、多少丈が短くても、問題なく着付けができるのです。

着用する方によっても変わってきますが、帯位置で3センチメートル、ブーツで4から6センチメートルでトータル7から9センチメートルほどは丈を伸ばせるでしょう。

もし着用した袴の丈が長ければ、着付けで調節したり、縫い上げたりすると良いでしょう。
また、小学生の方は特に問題ないかもしれませんが、バストとアンダーバストで高さが異なる場合は、可能な限り平らにするようにしましょう。
バストとアンダーバストに差がありすぎると、帯を閉めても下がってきやすくなります。

□まとめ

どのようにして袴サイズが測定されるのか、知っていただけたでしょうか。
測定方法を知っていると、自分にあったサイズが見つかりやすくなります。
また、丈が短い時の対処法もご紹介したので、ぜひ参考にしてくださいね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生の袴レンタルはいつから始まる?出遅れないように気を付けましょう!

小学生の袴はいつからレンタルすれば良いのでしょうか。
予約時期を知っておかないとお気に入りの袴が取られてしまうかもしれません。
そこで、今回は袴レンタルの時期と注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□袴レンタルはいつから始まる?

小学校の卒業式は主に3月に行われます。
複数の小学校が同じ日に卒業式を行うことも少なくありません。
たくさんのお子様達が同じ時期にレンタルしようと考えています。

ただ、袴の種類や数には限りがあります。
お気に入りの袴があったとしても先に予約が決まってしまうかもしれません。
毎年、もっと早く予約すれば良かったという声があがります。
せっかくの晴れ姿ですので後悔のないよう早めに予約しましょう。

予約のピークは9月から10月ごろになっています。
この時期よりも早く予約するとたくさんの袴からお気に入りのものを選べます。

3月に卒業式を終えて4月になると今年度の卒業式に向けて袴を入れ替え、追加を行います。
そのため、4月にはたくさんの袴が揃っています。
袴レンタルをご希望の方は4月から探し始めるようにしましょう。

□袴を着る際の注意点とは?

1つ目はトイレの行き方です。
着なれない袴で最も心配になるのがトイレです。
スカートと仕様は同じですが裾丈が長いため、床についてしまう可能性があります。

また、和式トイレがある場合はさらに注意が必要になります。

床に付けないようにするためには以下の点に気を付けておきましょう。

・着物の両袖を帯に挟む
・着物、袴の裾を1枚ずつ持ち上げる
・肌着を包んで固定する

この時着崩れが起きやすいので、着崩れを直す方法もお子様が分かっていると安心です。

2つ目は草履、ブーツどちらを選ぶかです。
草履を履くメリットは脱ぎ履きしやすい、どんな袴にも合う、デメリットは足を痛める可能性がある、防寒ができないことです。
慣れていない場合は足を痛めたり、つまづいたりしてしまいます。

ブーツを履くメリットは普段使いにもできる、寒さ対策ができる、大人っぽい印象になる、歩きやすい、デメリットは履き替えに時間がかかることです。
歩きやすさを考慮して、ヒールは太めのものを選ぶようにしましょう。

メリット、デメリットを参考にしながらどちらが良いか吟味しましょう。

□まとめ

小学生袴レンタルの予約時期をご紹介しました。
当社は4月からレンタルの予約を受け付けています。
たくさんの中から選べるよう、早めの予約をこころがけましょう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生の袴はいつから準備すれば良い?準備するものとあわせてご紹介します!

小学生の袴レンタルをご検討中の方必見です。
初めてのことで何から始めれば良いのか分からない方が多いでしょう。
そこで、今回は袴レンタルを利用する流れと余裕があったらしておきたいことをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□袴レンタルを利用する流れとは?

1つ目の手順ではプラン内容を選びます。
着物、袴、小物が全て入ったプラン、着物、袴、小物を別々に選べるプランなど会社によってさまざまです。

当社では、着物と袴セットレンタル、着物レンタル、袴レンタル、小物レンタルを行っております。
また、着付けとヘアセットも行っております。
4月から予約を受け付けていますので、ぜひご利用ください。

2つ目の手順では着付け、ヘアセットを行う人を決めます。
どちらも自分で行えますが、卒業式の朝に時間を確保できなかったり、失敗が怖かったりする場合はプロに任せるようにしましょう。

ヘアセットを美容院に任せる場合がありますが、着付けとヘアセットを異なる店で予約していると移動時間が発生して朝が忙しくなってしまいます。
安心さや快適さ、時間を重視する場合はレンタル店で着付け、ヘアセット共にやってもらうようにしましょう。

3つ目の手順では、卒業式当日の注意事項をお子様と一緒に確認します。
卒業式当日はお子様のそばで面倒を見れません。
いつもと違うお召し物でトイレの行き方が分からなかったり、苦しくなったりすることがあります。

そうならないようにトイレの行き方、着崩れを直す方法、苦しくなった時の対処法を一緒に確認しておきましょう。

□卒業式前に余裕があったらしたいこととは?

1つ目は前撮りの記念撮影です。
当日の朝は忙しくて写真を撮る時間があまりありません。
また、式が終わってしまうと泣き顔になってしまったり、髪が崩れていたりします。
せっかくの晴れ姿なので、綺麗な状態で写真に残しておきたいですよね。

そんな時は秋ごろの季節に前撮りをしておくのがおすすめです。

2つ目は袴に合わせる履物の確認です。
草履を履く場合は事前に草履を履いて慣れさせるようにしましょう。
初めて履くと足が痛くなりますし、つまづいてしまうことが予想されます。
体育館では上履きに履き替えることから、予め靴下を履いておけるブーツの方が便利でしょう。

□まとめ

袴レンタルを利用する流れをご紹介しました。
この記事がお客様の役に立てば幸いです。
また、この記事について何かご不明の点があればお気軽にご相談ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生の袴で人気の色とは?レンタルする際に気を付けるべき点とあわせてご紹介!

小学生の袴はどんなものが人気なのでしょうか。
今回は色に着目して、袴の人気色をご紹介します。
レンタルする際に確認しておきたいこともあわせてご紹介するのでぜひ参考にしてください。

□小学生の袴の人気色とは?

袴で人気のある色の組み合わせをご紹介します。

1つ目は白とモスグリーンです。
白の下地にモスグリーンのサクラをあしらった袴が人気です。
卒業式の季節に合った春らしさを感じられ、赤い模様が女性らしさを引き立てます。

2つ目はストライプ模様とパープルです。
レトロな印象を与えながら、ポップでかわいらしい袴になります。
黄色を差し色にすれば、印象に残りやすい袴になるでしょう。

3つ目は水色と花柄、ワインレッドです。
ワインレッドの袴にする場合は、着物は明るい水色と緑色を組み合わせましょう。
クラシックな印象の中にも華やかさを引き立てられます。

4つ目は水色と紺です。
ピンクや赤、黒などに続いて人気の袴になっています。
明るい水色に濃い紺を合わせるとメリハリがついて美しく見えます。

5つ目は藍色に八重菊、からし無地袴です。
昔ながらの伝統的な色で人気が高いです。
落ち着いた色合いで大人っぽく着こなしましょう。

□袴を着る際に確認しておきたいこととは?

1つ目は、小学校が袴の着用を許可しているか確認することです。
袴は明治時代から大正時代にかけて制服として着用されていました。
そのため、学問の場にふさわしい服装として受け入れられています。

そのような背景から袴を着ることは問題ないとされています。
しかし、袴に対する考え方は小学校によって異なります。

許可されない理由には華美すぎる、着なれていない服装による転倒や体調不良を避けるためなどが挙げられます。

レンタルする際は許可されているかどうかを小学校に確認してからにしましょう。

2つ目は着付けとヘアアレンジを誰が、どこでするかを決めておくことです。
卒業式の朝は忙しいです。
誰が、どこで準備を行うのかを決めておきましょう。
大切な行事ごとなので失敗しないように、プロに任せていただくのが確実な方法でしょう。

卒業シーズンはたくさんの学校から袴レンタルの依頼が届きます。
早めに予約を済ませておくようにしましょう。

しかし、予約が早すぎると着付けの時に成長してサイズが合わない場合があります。
サイズ選びは慎重に行うようにしましょう。

□まとめ

袴の人気色をご紹介しました。
また、確認しておきたいこともあわせてご紹介しました。
袴のレンタルでお悩みの方はぜひ当社にご連絡ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です

小学生の袴着付けには何が必要?袴を着る際のポイントをご紹介します!

小学生の卒業式に袴を着せたい方必見です。
レンタルできるものとできないものがあり、小物などは自身で用意する必要があります。
そこで、今回は必要な小物とレンタルする際のポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□着付けに必要な小物とは?

お店によって小物がレンタルセットに含まれるか含まれないかは異なります。
レンタルの内容を確認しておくようにしましょう。

1つ目は下着類です。
卒業式が行われる季節はまだまだ寒いです。
袴の下に着る肌着を用意しておきましょう。
防寒性の高いインナーがあると快適に過ごせます。

2つ目は着付けのための小物です。
腰ひも、補正用タオル、伊達締めなど着付け用の小物も必要になる場合があります。

3つ目はその他の小物です。
髪飾りやきんちゃく袋などは袴の雰囲気に合わせて選びましょう。
華美すぎるものを選ぶと浮いてしまうので注意しましょう。

4つ目は履物です。
袴には草履かブーツを履きます。
草履は疲れるだけでなく、靴下が履けません。
体育館では上履きに履き替えるため、靴下を予め履いておけるブーツの方が便利でしょう。

□袴レンタルのポイントとは?

1つ目のポイントはサイズ選びは慎重に行うことです。
お気に入りの袴がなくならないように、早めにレンタルする方がいらっしゃいます。
しかし、お子様の成長をあなどってはいけません。
レンタルの時期が早すぎると、着付けを行う時期には体が大きくなりサイズが合わないといったことが起こります。

サイズは身長145センチメートル以下か150センチメートル以上かを目安に選びましょう。
145センチメートル以下であれば小さめのサイズから選び、150センチメートル以上であれば通常の大人サイズから選ぶようにしましょう。

2つ目はアフターサービス、保証が付いているか確認することです。
お子様はじっとすることが難しいです。
そのため、目を離したすきに袴を汚してしまう可能性があります。
そんな時にあると嬉しいのが保証です。

返却時にクリーニングの必要があるのか、汚した場合の保証の有無はレンタル店によって異なります。
確認しておきましょう。

3つ目はキャンセルの仕方を確認しておくことです。
コロナウイルスの影響で卒業式が突然なくなることがあります。
キャンセルが必要な場合も考慮してキャンセルの方法、金額、キャンセルが間に合う期日を確認しておきましょう。

□まとめ

レンタルする際に必要な小物とレンタルのポイントをご紹介しました。
この記事がお客様の役に立てば幸いです。
また、この記事について何かご不明の点があればお気軽にご相談ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_contact.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_plan.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_shop.png です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_blog_banner_top.png です